老眼palm!

老眼だけど、ぢっと掌を見る。

GearBestで格安中華なノートPC(Yepo 737s)を買った

米国大統領選挙でトランプが勝ったニュースを見てガックリして(トランプ嫌いだから)、グダグダと家で酒を飲んでいたのだけど、そのうちになぜかヒャッハー!!と謎の高揚感に包まれ、気が付いたらGearBest.comでポチッと衝動買いしていた。格安のノートPC Yepo 737s

スペックは、CPU: Intel Cherry Trail Z8300 1.44GHz Quad Core、OS: Windows 10、4GB RAM 64GB eMMC、LCD: 13.3 inch FHDってとこで、値段は$184.99。送料はExpedited Shippingが無料だったが、保険を付けて$4.70、ポイントが$1.20ぶん使えて、総額$188.49、Paypal払いで20,219円也。Paypalの為替手数料を安くする手があったらしいが、その時は気付かず。円高だったから良いか。

Expedited ShippingはDHLだったが、深センで金曜の夕方に集荷して、土曜の夕方には成田に到着。しかし日本のDHLは土日は休みのようで、そこから動きがピタッと止まって、月曜の朝、佐川に渡して、自宅にはその日に配送。DHLのトラッキング開始時に表示されていた配送予定日にしっかり到着してるから良いか。

さっそく電源を入れてみると、当然のことながら、写真のように最初は英語モード。Windowsの言語設定で日本語にすれば、日本語で使えるようになる。Windowsは(当たり前だけどちゃんと)ライセンス認証済み。GearBestのサイトにはIPS液晶とあるが、視野角は狭く、どう見てもTN液晶。クレームつける手もあるのかもしれないが、面倒だし、ASUSのchromebookと同じ感じだから良いか。(って「良いか」ばっかりだけどw)

Windows 10はクリーンインストールして、先日買ったMS Office 365 soloを入れて、持ち運びできるOffice環境ができた。UEFIブートはFAT32なメディアじゃないとだめだったので、WindowsのisoはRufusでNTSFなメディアに焼いたやつをFAT32なUSBにべたコピーする必要があった。デバイスドライバはDouble Driverでバックアップして、クリーンインストール後にリストア。(素の状態でもキーボードとタッチパッドは使える。)

最初はこんなスペックがこの値段で!とか思ったが、さすがにCPUは非力で、Octaneスコアは6528と、ASUS chromebook C200MAの7730より悪い数値だ。だがメモリが4GBあるせいか、google chromeでタブをたくさん開いてもつらくない感じ。要するにWindowsタブレットの中身を、Macbookクリソツの筐体に入れて、それなりにまとめましたって代物で、さすが中華だなあと思うが、メモリとSSDの容量を取って割と使えるように仕上げてある。これくらいのスペックで、日本で丁寧に作ったやつが出てくるといいが、値段も張るんだろうな。

キーボードの配列はUSで、配列自体は昔USキーボードを使ってたこともあるので、多分慣れると思うが、IMEのON/OFFの切り替えに二つのキー(ALT+`とかCTRL⁺SPCとか)が必要なのは面倒。ALTの空打ちで切り替えるツール(alt-ime-ahk)を試してみる。あとタイプ中に指の腹がタッチパッドに触ってるからだと思うが、ポインタがぴょんぴょん飛びまくるのもストレスだ。

いろいろ不満な点も多く、やっぱり値段なりってところ。そうそうにぶん投げてしまうかもしれないなあ。

自宅の自分のPCにWindows 10とMS Officeを入れる

自宅の自分のPCでも、ちょっとした作業でMS Officeを使いたいと思って、Windows 10とMS Office 365 Soloを買った。

自宅の自分のPC用には、2006年以来ずっとubuntuを使っている。途中、VirtualboxでWindowsを走らせたこともあったけど、基本的には10年間Linuxで過ごしてきたので、ようやく人並みの環境になったかと思うと感慨深いものがある。

会社のPCはWindows 7なので、Windows 10は茶の間でちょろっと使うくらいだ。まあ、マテリアルデザインちゅーのもいいんじゃね、とか思って使い始めたが、どうもフォントの表示が気に入らない。どうせMS Office使うほかは、ほとんどGoogle Chromeつかってるんだから、Google Notoフォントを入れてやれば同じ見え方で使えるだろうとか思っていたが、甘かった。

結局、この記事を参考にして、さらにGoogle Chromeの起動時オプションに"--disable-directwrite-for-ui"を追加する、なんてことをやって、なるべく”Noto Sans CJK JP"を使うような設定でしのいでいる。

Windows 10だと、Yu Gothicよりはメイリオの方がまだマシに見えるが、文字が大きめに表示されるときにはメイリオは幅が広すぎて気に入らない。形はNotoフォントが一番好みだけど、ClearTypeとは相性が悪いようで、ubuntuより汚く見える。そもそもubuntuにはメイリオがないので、表示するWebサイトのCSSでメイリオが指定されていても、普通にNotoフォントを使って表示するのが良かったんだけどなあ。(これはchromebookでも同じ状況。)

そんならubuntuのVirtualboxでWindows 10を動かしてみようか、とも思ったが、そういうややこしいことを始めるとキリがないので自重する。人間どんな環境でもすぐに慣れてしまうもんだし。

この際だから、NOTEPCも中国製の激安のやつ(こんなのとかこんなのとか)を買ってしまおうか、と変な物欲が沸いている始末なのである。困ったものだ。(カメラもタブレットも新しいのが欲しかったりするんだよなあw。)

追記:
使ってるPCには、SSDを二つ(240Gと120G)付けている。小さいほうにubuntuを入れた状態でWindows 10をインストールしたが、Windows 10のインストールの時、SSDを両方とも接続していると、パーティションがどうしたというエラーメッセージが出てうまくいかなかった。インストール時だけ小さいほうのSSDの電源を抜いてやるとOK。その後、ubuntuを立ち上げてソフトウェアの更新をすると、別のSSDに入っているWindowsも認識してくれて、dual boot状態にできた。BIOSでブートデバイスを切り替えればいいかと思っていたら、意外にあっさりできちゃったんでびっくり。

(ま、このままWindows 10だけを使い続けるような気もするけど。)

久々の散歩だが、また腰が痛い

腰を痛めたのでしばらくおとなしくしていたが、動かないでいると気持ちもふさぐし、なんだか少し太ってきた。

ということで、土曜日、カメラを持って久々に散歩してきた。日暮里から線路脇を歩いて上野くらいまで行ってみようと。

地図を見たら書道博物館というのがあるので、寄ってみた。行くと中村不折記念館とある。中村不折といえば、日本酒の真澄新宿中村屋のロゴの字を書いた人。というのをマンガのとめはねっ! 鈴里高校書道部で読んでいたので、ふーんと思いながら見た。入場料500円也。年間パスが1,000円だというので買ってみた。よくわからないけど、いろんな字が見れて楽しい。常設展示の方は、石とかあんまり劣化しないモノが並んでいる。

写真撮影OKにしてくれたら、なお良いんだけどなあ。それにしても不折とはすごい名前。折れない心なのか。

その後は線路脇の道をたらたら歩く。朝の通勤電車の窓から線路脇を歩く人が見えるので、どんな道なんだろうかと気になっていた。実際に歩いてみたら、ラブホの多さがいろいろ気になってしまったが。

跨線橋から上野駅を眺める。この辺りまで来たら、腰の痛さがまたぶり返してきた。上野公園の噴水の横まで行って、上野駅から電車に乗って帰ってきてしまった。

昼は上野でなにか食べようかと思っていたのに、食べるところを探してウロウロする気力も失せていた。結局、柏まで戻って定番の日高屋で野菜タンメン。麺少なめにしたのに、結構な量だ。お約束の生ビールに加えて、餃子3個まで頼んでしまって、たったの3km歩いたにしては食い過ぎた。

記事検索
livedoor プロフィール
アーカイブ