老眼palm!

老眼だけど、ぢっと掌を見る。

Chromium OSを試してみたが

以前ブログにchromebookだけで過ごすのはむずかしいとか書いたが、chromebookは割と気に入っていて、近頃はキーボードとマウスの切替器(ELECOM KM-A22BBK)を使ってPCと切り替えて、外付けディスプレイにつないで使ったりもしている。

しかし、CPUがCerelon N2830、メモリ2GBというのはやっぱり非力で、ちょっともっさりしてる感があるし、Google mapで3Dなんてやると、途中でしばらく止まったりもする。

もっとパワフルな環境だとどうなんだろうか?と思って、PCにChromium OSを入れて試してみた。

Chromium OS カスタムビルド配布ページの説明のとおりにダウンロードして、ubuntuのddでUSBメモリにコピーして立ち上げる。その後、SSDにインストールしたが、バックアップ用の2台目のSSDにインストールしてもうまく立ち上がってくれなかった。せっかくここまでやったからと思って、メインのSSDを潰してそこにインストールして無事立ち上がった。

見た感じはchromebookとほぼ一緒で、ブラウザはchromeじゃなくてchromiumなので、アイコンが青系の単色のものになってくらいの違い。やはりCPUが早くてメモリも多いから、動作は極めてサクサクで気持ちが良い。しかし、flashを入れたつもりなのに表示できないページがあったり、chromebookでうまく動かないgoogle mapの3Dは、そもそもメニューに出てこなかったり、といろいろと惜しい感じ。

やっぱり無理しないで素直にubuntu使ってるほうが良いな、というのが現時点のとりあえずの結論で、DVDからubuntu 16.04 LTSを再インストールした。

Chromium OSの他にも、次を試したのだけど、

  • Cub LinuxはChrome OS風の外観を持つubuntuフレーバーで、14.04ベース。見た目はまあそうなんだけど、やっぱりちょっと違うかなって感じ。
  • CloudReadyは、最初chromebookのリカバリユーティリティでUSBメモリに焼けずに断念していたが、Chromium OSみたいにubuntuのddでやればUSBメモリには焼けた。ただ、ネットワーク接続が不安定なのか、すぐにブラウザが再起動するので、実質何も出来ず。
ということで、いずれもイマイチ。

amazon.comあたりでChromeboxを個人輸入するのはどうか、とも思ったが、久々にクリーンインストールしたubuntuをいじっていたら、これはこれでイイ感じではあるので、かろうじて物欲を抑えているところ。

敬老の日の三連休に、親の引っ越しの手伝いをしたら、久々に腰をやってしまい、連休明けの日は布団からなかなか起き上がれず、結局会社を休んで行きつけの整形外科へ。水曜日は頑張って出勤したが、まだ通勤電車が辛く、金曜日もお休みを頂いてしまった。基本、安静にしてるだけなので、暇に任せてChromium OSなどをいじりまわしていたのだけど、全体にどうもうまく行かず残念な感じだ。

御岩神社から高鈴山

土曜日は青春18きっぷの夏シーズンの最終日だったので、出かけてきた。(他の4回はカミさんが使用。)

行き先は、日立市の高鈴山。しばらく山も行ってないし、運動不足で体もなまっているので、なるべく楽ちんなコースと思って、御岩神社までバスで行って、そこから登る。バスは本数が少ないので、朝早く柏を出て、9:00ちょっと過ぎに神社に到着。

神社の境内は、木が繁っていて良い感じでテンションが上がる。

ツリフネソウ(釣船草)がたくさん咲いていて、蜂が花の中に体を突っ込んでいた。その他見た花は、ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)、ミズヒキ(水引)、キンミズヒキ(金水引)、アザミ(薊)などなど。あと、キンポウゲ(金鳳花)なのかキツネノボタン(狐の牡丹)なのか迷う花。アジサイ(紫陽花)も結構咲いていたが、この季節に?

御岩神社から御岩山の頂上に向かう途中に、賀毗禮(かびれ)神宮があり、お社の鍵(?)がちょっとカッコ良かったので、パチリと。

御岩山の山頂をちらっと眺めて、そそくさと高鈴山の山頂に。コースマップによれば、ここまで75分のはずが、ちんたら写真も撮りながらだったので、90分以上かかってしまった。

汗だくになってベンチに座って休んでいたら、助川城址から登ってきたというおじさんに話しかけられる。東海村に住んでて、ちょっと物足りないが、運動がてら、この辺を歩くとか。健脚だなあ。

そのおじさんとは逆に、助川城址の方に向かって降りる。曰く、倒木はあるが歩けないほどではなく、道に迷うことはないとのことだけど、途中、草が生い茂ってたりで、大丈夫かなとちょいと心細い。

なんでこんなところに車がヒックリ返っているのか。などと考えながら歩いてたら、下りが続いて足に来て、自分が転んでしまった。

それでもあとから考えると、下りはほぼ標準時間で来ていた。おおみねの丘というところで一休み。

ここで、持参のコッヘルでお湯を沸かしてカップラーメンを食べる。本当は頂上でと思っていたが、時間も中途半端で、おじさんに話しかけられたこともあって、断念していた。せっかく重い思いをして水も多めに持ってきたしと思って。

ガスの缶は、イワタニの小さいやつをビックカメラで買った(税込185円也)が、それでもこのバーナーとの組み合わせはかさばる。「山と食欲と私」に出てくる小さいストーブを買ってみようかな。

ここから駅まで1時間半もかかってしまい、帰りの電車はグリーンを奮発して、ビール飲んで帰ってきた。今日は予想通りの筋肉痛で太ももが痛い。その他の写真はこちら

Amazonベーシック ラップトップケースを買う

通勤カバンに、Amazonベーシック ラップトップ&タブレットケース 15.6インチを買った。

これまで使っていた無印良品のPC収納バッグがだいぶ薄汚れてきて、洗っても落ちないし、形もくたびれてきた。買い換えたいと思っていたが、例によって、なかなか気にいるものがない。ふとAmazonを見てたら、これが目に止まった。

いろいろサイズがあるけど、通勤カバンに使うなら15.6インチ用かな、ちょっと厚みが足りないような気がするが、近頃は愛妻弁当持参はやめていて、荷物も少なくしてるから大丈夫だろう、なんと言っても値段。1,780円也。これなら失敗しても惜しくないな、と。

今週から使い始めているが、軽いのがありがたい。カタログ値は458g。ちなみにサイズは39.4 x 30.5 x 7.1cm。値段を知っているせいか、見た目が安っぽい感じがしなくはないが、自分にはこれくらいが似合いだろう。

カバンの中身の変遷

昔の記事にカバンの中身を書いてあったので、どう変わったか比較してみる。(前の記事では、中身がでたらめな順序で並んでいたので、比較のために少し並べ替えた。)

#2008年2016年コメント
1.愛妻弁当×会社で弁当頼んでる
2.ノート(A5版ルーズリーフ)×ノートは会社に置きっぱなし。今はファミマでも買える無印の裏うつりしないダブルリングノートA5を使ってる
3.筆記用具
(SARASA黒、赤各1、3色ボールペン1)
SURARI、シャーペン、万年筆
4.本(文庫か新書)代わりにタブレット(nexus7)を持ち歩いてる
5.PHS(Willcom京ぽん。夏場のみ鞄の中へ)×スマホは夏でも胸ポケットに
6.Palm z22(夏場のみ鞄の中へ)×スマホで代替
7.ラジオ(ソニーの小型の奴)×失くした。でもradikoとかで聞けるし
8.iPod shuffleスマホで代替。イヤホンのみ持ち歩き
9.新規モバイルバッテリーは今や必携
10.傘(折り畳み。晴天でも持ち歩く)Amazonのカバンの前ポケットに入れてる
11.メガネケース×
12.会社の手帳×例の青い手帳、前は持ち歩いてたんだ…
13.会社のIDカード
14.常備薬(腹薬、頭痛薬、トローチ)ストッパ、太田胃散、スタチン、風邪薬、軟膏、バンドエイド
15.バンテリンコーワ「ミニパッド」×
16.ティッシュペーパー
17.家の鍵
18.財布(夏場のみ鞄の中へ)
19.定期入れ(夏場のみ鞄の中へ)×夏でも胸ポケットに
20.ネクタイ(夏場のみ)
  • 予想はしていたけど、スマホが一台何役も果たしている。昔は、PHSにPDAにiPodにラジオに、っていろいろ持ち歩いていたんだな。
  • ノートとか、メガネケースとか、いろいろ持ち歩かないようにしている割には、相変わらず傘だけはいつも持ち歩いている。
記事検索
livedoor プロフィール
アーカイブ