View Suicaのオートチャージを初めて知ったときは、入場時にしかチャージされないから、例えば駅を出るときに足りないとか、買い物したとき残金が足りなかったとかいう時には使えないじゃないか、ということで、しょぼいサービスだと思っていた。

しかし考えてみると、自分はView Suica 定期だから、通勤で平日はSuicaで入場する。ということは決められた条件である一定金額以下にはならないということだから、これはこれなりに使えるかもしれない。自分で「1000円切ったからそろそろチャージせんとなあ」と思いながら、「ああアルッテに行かなくちゃー、どこの駅で行こうか」とか考えなくても勝手にやってくれるわけで、楽チンそうだ。

自分の知らないうちにチャージされるなんて気持ち悪くないか?という気もするので少しだけ迷ってはいるのだが。

それにしても青い読み取り部の自動改札機が増えてるので、毎朝、「ああ残金が減ってきたなあ」とか余計なことを考えてしまうわけである。どうもJRの策略に乗せられている気がしないでもない。

そういえばしっかり確認はしていないが、AMラジオを聞きながら自動改札を通過しても、新しい自動改札機ではほとんどノイズが入らないようだ。EMCなんかに気をつかって作っているかどうかは不明だが、これは好ましいことである。

(実はキャンペーン期間中にはもれなく3000円分のポイントバックがあると思い込んで、良いかもしれないと思ったのは内緒である。実際は抽選で3000名に3000円分のポイントバックが正しい。)