面倒臭がりなので、RSSフィードで全文読めた方が(わざわざブラウザで開き直さなくて済むから)楽でいいじゃん、とか思っている。だから自分のブログでもRSSフィードに全文入れるようにしてあるのだが、改行しないでベタで入るし、画像も入らないしで、不満に感じていた。

で、調べてみるとちゃんと解決策を見つけてくれている人がいる。ありがたや。

肝は、wp-rss2.phpで呼んでいるthe_content_rssに引数を追加して、5個めの引数(encode_html)に3を指定するのが裏技のようだ。encode_htmlは0,1,2を指定してどのようにhtmlを変換するかを指定するものだが、3を指定することで「変換しない」という動作をさせているのだ。むむむ、なんという強引さ。

ともかく早速試してみた。bloglinesとgoogle readerではうまく行ってる模様。デフォルトのように[1]とか書いて脚注のようにURLをずらずら書くよりはよっぽどましだ。(だってRSSフィードの中にそんな風にURLを書かれても使いにくいんじゃないのかなあ。)