月曜から中国出張中。昨日は北京で、今日は四川省の成都だ。

詳しくは帰国してから写真も載せたいと思うが、一言だけ。

中華料理って取り皿をどんどん替えないと味が混ざって良くない云々と「美味しんぼ」に出ていたが、中国の中華料理屋では取り皿を替えません。小さい取り皿と小さめのお椀が一つずつあって、それで終わり。

「美味しんぼ」のコレはずいぶん気になっていたが、別に本場がこうなんだからいいジャンってようやく思えたのだった。(なんてチキンな話だ…。)

香港とか台湾とかは違うのかな?

11/3 写真追加:

普通はこんな感じで配膳される。

メインの皿とお椀とレンゲ、グラスにジャスミン茶、長くて太い箸。左側にチラッと移ってるお皿はお絞りを置いたり。ナプキンはメインのお皿で角を抑えるような形で手前にたらす。お皿が2枚のこともある。もちろん言えば皿は替えてもらえるし、言わなくても替えてくれることも1回だけあった。