さてヤボ用も無事完了し、帰国だ。来るときの便では、中央の島のど真ん中席(E席)でしんどい思いをしたために、どの席になるかがとにかく気になる。

便はユナイテッドの875便、12:19シアトル発。空港には10:00頃に到着し、エコノミーのチェックイン待ちの列に並ぶ。結構長い列だと思っていたが、意外にさくさく進む。

自動チェックイン機だ。成田空港では係りの人が付いてくれたりもするが、アメリカでは大体どこも客が勝手にやる。まあそうしないと人件費削減の目的は達成できないわけで、確かに器械に慣れてしまえば、サクサクできるわけで客のメリットにもなっているのだろう。自分は慣れてないが。

ともかくUNITEDを選んで、日本語画面を選ぶ。日本語があるのは大変ありがたい。次にフライトの情報をどう入れるか選択されるので、カードを選んでANAのマイレージカードを突っ込む。おお、うまく行った。さすがANAのコードシェア便だけあるぜ。ここでE-チケットの番号入力とかさせられると結構面倒なのだ。(クレジットカードとかで自分の名前が入力できればそれでもいいのかもしれない。)

その後の順序を良く覚えていないが、名前を確認、フライトを確認、パスポートをスキャンしてパスポート情報が正しいか画面で確認して、席のアサインに行くという流れだったと思う。事前にUNITEDの日本語窓口に電話して、通路側席のリクエストだけはしてあったのだが、チェックイン機で表示された席はA。窓際席じゃんか。参ったね、でもE席と違って、隣の一人だけ立たせればトイレに行けるか、とか思いつつ、ダメもとで席の変更に進む。お、候補が表示されるじゃないか。あ、一個だけ通路側席がある、これだ!というわけで通路側のC席をゲット。ハッピーな気分になる。安上がりなもんだ。

来るときの便では、自動チェックイン機で席の変更画面を選んでも変更できなかった。満席だったからだろう。考えてみると来るときは特に席のリクエストはしていなかった。これがど真ん中E席になった敗因だったかもしれない。いつも出張のときは会社指定の旅行代理店にPreferenceが登録してあるので、席のリクエストを意識したことが無い。贅沢な環境に慣れきっていたということか。

humberger-beer-at-seatac-20071129.jpgSEATAC空港のUNITEDのカウンターの裏側のセキュリティーチェックは、いつものように長蛇の列だ。少し歩いて建物真ん中へんのセキュリティーチェックはガラガラだったんで、そこからさっさと入る。なんか少し食べておこうと適当なバーに入って、ビールはMac & Jacksを頼むが、無いとのこと。チキン照り焼きバーガーと店員のお勧めのAlaskan Umberを頼む。Alaskan Umberは極めて普通のアンバービールで、あんまり面白くない。ESBにするか、Hefeweisenが無いか聞くべきであった。照り焼きバーガーはまずかった。

そこらへんの売店でお土産にTシャツを少し買って、水を一瓶買って搭乗。(シーホークスのグッズがデザインがいいんだが、買いそびれた。)機内は結構空いていて、隣の席は空席で更にラッキー。

それにしても狭い飛行機だ。昔に比べてシートの横幅は少し増えていると思うが、シートの前後間隔が全く狭い。前に座った兄ちゃんが、シートを思いっきり倒すものだから、テーブルを出してNOTE-PCを広げようとしても、液晶が十分に開けられない。もう少しお金出してEconomy-Plusにすればってことか。

シアトルまでは往きは約8時間で機内食が2食、帰りは約10時間で3食。往きも帰りも機内食はまずい。(それでも中国の国内線よりはましか。)やることもないので、機内でこの文章を書いている。(投稿は成田エクプレスにて。)

また行くこともあるかと思って、メモのつもりで書いては見たが、出張含めて当分海外行きは無いような気がしている。