昨日は会社の部署の歓送迎会。4月に多少の人の異動があり、区切りをつけようとカメの菊五郎に幹事をやらせて開催。(開催理由については、自分の上司から「お前が飲みたいだけだろう」と鋭いツッコミはあったが。)

安さに釣られて某中華料理屋のコースにしたのだが、飲み放題のビールはヱビスだった。先日の「柏公園で花見」の記事に頂いたちびた氏のコメントのように、自分も普段は発泡酒なので、ヱビスなんぞ飲んだ日には「濃いなあ」と実感する。ちなみに普段はDraft One。職場の若い奴には「あの薄くてまずいの飲んでるんですかぁ」とバカにされたが、慣れてしまえばマイルドで良いなあ、と思えてくるのである。

そういえば以前は何か特別なときには必ずと言って良いほどヱビスを奮発したものだったが、近頃はそうでもない。いろいろ他のプレミアムビールが増えて目移りするようになったか、米国赴任中にアンバーエール等の味を覚え、プレミアムったって普通のビールじゃん、とか思うようになったのか。(SuntoryのPremiumはアンバーエール風の味で、お好みなのだが最近少し飽きてきた。)

米国赴任中の上司(外人)には、「Budweiserなんて飲むな、あれはビールではない。その土地の地ビールや生ビール(tap beer)を頼め。なければSamuel Adams。それもなければMiller Genuine Draftにしろ。これならどこにでもあるし、MGDって言えば良いからお前の英語でも大丈夫だ。」と教えられた。(米国のレストラン等では何種類もビールがあるので、銘柄を指定しないとならない。何があるんだ?と聞くとベラベラベラっと早口で列挙されるので、大体アタリをつけておくのが吉なのだ。)今でも米国出張中はこの教えをしっかり守っているが、日本ではDraft Oneっていうのはどうなのか。まあ先立つものがね…。

それにしても今思い出したが、Millerってミルウォーキーだったんだ。先日来日した取引先がミルウォーキーの会社で、「ミュンヘン、サッポロ、ミルウォーキー(古っ)」だね位の話しかしなかったが、MGDがお好みだって言ってやれば良かった。