上野広小路で何やら地下の工事をやっているのは知っていたが、自分には関係ないな、と思っていた。

ところが大江戸線の上野御徒町駅に、こんなポスターが。上野地下歩行者専用道と接続されるらしい。その地下道でどこまで行けるのかを調べてみると、京成上野駅までつながっていて、そこから先は既存の地下通路で上野駅までいけるらしい。既存の地下通路って、そんなのあったかなと思って、金曜日の会社帰りに京成上野駅まで見に行ってみた。

確かにJRとは書いていないが、東京メトロへの連絡通路があった。(京成上野駅は全然利用することがないので、地下道があることに気づいていなかった。)

更に進むとJRにつながってる旨の看板と、更に工事の看板があった。この先が伸びていくのだろう。これができると、JR 上野駅から大江戸線 上野御徒町駅まで、地下通路を通って徒歩で行ける。JRの上野〜御徒町は通勤経路だが、やたら混むので、晴れた日はなるべく徒歩で行くようにしている。それが雨の日も濡れずに行ける、ということになるので、個人的にはうれしい話だ。こんなところに地下通路通しても、こんな個人的な話の他にはあまりメリットないような気がするが。