今日は息子の通う服部栄養専門学校の学園祭に行ってきた。

12時少し前に着いたら、既にかなりの混雑。まずは別館の9Fまで登って、カフェ(模擬店)で腹ごしらえ。ベトナム風サンドイッチとグリーンカレー。さすがに料理学校だけあって、学園祭の模擬店なのにちゃんとうまいモノを食わせる。

9Fからだらだらと階段を降りてうろうろしたら、料理の鉄人 陳健一のイベントをやっていた。講堂のようなところで麻婆豆腐などの作り方を披露している。さすがに鉄人だけあって満席だ。廊下の上の方から覗き見した。

一通り麻婆豆腐の作り方を示して、その後別の料理もやって、(写真には出ていないが)最後にもう一度大量に麻婆豆腐を作って、講演を聞いている人に振る舞っていた。この大量の麻婆豆腐というのは、中華鍋ではなく、直径50cmほどもある大きなボウルで作る。最後、とろみをしっかりつける強火の仕上げをする代わりに煮えたぎった油を注ぎ込むという豪快な作り方だ。ああ、ちゃんとチケットをもらっていればアレが食えたのだなあ、と指をくわえていた。

またチャンスがあれば、今度はもう少し計画的に動きたいと思うのだが、この歳になって「またチャンスがあれば」などと抜かしているのは甘い、とも思う。ともかく、今日のところは講演を見るだけの縁はあったということだ。