結局、発売日の10/14にソフトバンクからauへMNP機種変してゲットしてしまった。顛末は以下の通り。

先々週のイギリス出張中に、iPhoneの新型は5でなくて4Sであること、auからも発売されることを聞いた。元々、iPhoneがなければソフトバンクを使う意味はないと思っていたので、ソフトバンクの契約の更新月(10月から12月)の間にauに切り替えようと思った。3GS(写真左)もちょうど2年が経過して、近ごろめっきり電池のもちも悪くなってきている。日本に帰った頃にはauの料金プランもはっきりするだろうし、他の人の評判聞いてから機種変しようかな、なんて思っていた。

今回はそんなに長い出張じゃなかったが、それでもようやく成田空港に着いて、さて久しぶりに自宅に電話、とか思ったら、いきなり圏外!京成スカイアクセスのホームでしばらく待ってるうちにようやくアンテナ1本立ったので、かろうじて電話。スカイアクセスの中でたまってたツイートを読み始めるも、頻繁に圏外。

なんじゃこりゃー(©松田優作)と思って、即auへの機種変を決意。TwitterでMNPの機種変ってどうやるのかを友人に聞いて、柏駅に着いたその足で駅前のソフトバンクに行きMNP予約番号を取って、auショップに向かい予約をした。これが10/7の話。

予約したは良いが、3GSの端末代金が4,800円残っていたし、auの方が定額パケット代がちょっと高いので不安だった。しかしMNP機種変の1万円キャッシュバックがあるので、端末代金残額や機種変手数料がカバーできる。また自宅がJCOMなので、自宅宛の電話料金はタダ。おまけにプランSSシンプル(誰でも割)にすれば、月額980円で無料通話が1,050円付く。月の平均の電話代が800円くらいなので、通話料は掛からなくて、月額の負担はそう変わらない、という取らぬ狸の皮算用が出来て、一気に待ち遠しくなった。

ソフトバンク au
基本料 980 980
ウェブ 315 315
パケット代 4,410 4,980
通話料 (平均) 800 0
合計 6,505 6,275

(追記:最初「サポート」としてau側に月額325円を入れていたが、これはAppleCare Protection Planの料金をauでは分割払いできるという話で、ソフトバンクの場合は7,800円の一括払いになるから、月額料金の比較に入れておくのはおかしいと思って削除した。)

意外にauのiPhoneは人気がないらしく、販売初日になんなくゲットできた。(昨日、柏駅のビックカメラに寄ったら、「iPhone4S 在庫あり」のポスターに小さく「(auのみ)」の文字が(笑)。)

@ezweb.ne.jpのメール設定が面倒で予想以上に手間取ったが、アドレス帳はgmail連携で軽く移行できたし、アプリもApp Storeから再インストール。まだubuntuがiPhone4Sを認識してくれないので、音楽はWindowsXPでiTunesから入れなおし。PocketMoneyはバックアップ・レストアの手順がよく分からないので、結局手でデータ移行。というようなことで、大体環境は戻った。アプリについては、この際だからあまり使わないものは入れないで、なるべくシンプルになるようにしてみた。元から入っているアプリはフォルダにまとめてやると、ホーム画面が2画面で収まっている。Newsstandもフォルダにぶち込めれば、もう一つ空きができるのに。惜しい。

さて肝心の電波の具合。未だ、平日の通勤途中を経験していないのでなんとも言えないが、仕様上、極端に速いスピードは出ないが、安定しているという評判は正しいようだ。常磐線で柏から上野まで向かう間に、ソフトバンクだと何箇所かで電波が弱くなり、時には圏外になることもあったが、auだとアンテナ5本で安定したまま。地下鉄の階段途中なども電波強度が落ちないようだ。もっともアンテナ表示が正しいかという問題はあるだろうが。WiFiスポットは未だ試していない。

内蔵カメラの写真はこんな感じ。大きさだけいじって載せてあるが、割と渋くていい発色じゃないかと思う。

白ロムと化した3GSは、下の子供のiPodとして活用される見込み。