実は10月26日に久しぶりにTOEICを受けていた。結果が悪かったら黙っていようかと思ったが、予想より良かったので思いっきり自慢する(笑)。

20141123-01

LISTENING 490点、READING 455点の計945点。

試験直後は前回より点数を落としたと思ったが、少し伸びていた。ちなみに前回受験時(2006年)は、LISTENING: 470, READING: 430, TOTAL:900で、前々回(2001年)はL: 455, R:440, T:890だった。

前回、TOEICなんて集中力のある若者のための試験だ、とブログに書いたが、その感想は変わらない。ただ、今回はなぜかわからないが、LISTENINGで進行から取り残されることがほとんどなく、聞き取れなかったorz... と思ったのも3問くらいだった。READINGも、例によって最後の問題は難しくて時間が少し足りなかったが、一応全部カバーはできた。今回の試験問題は易しくて、おまけに自分向きだったので点数がとれたんだろう。

試験準備は次のような感じ。

  • TOEICのサイトでサンプル問題を確認。
  • 朝の通勤電車でAFNを聴く。
    今回はスマホのアプリ(AFN Pacific)で聞いた。予想以上に音が良くて聴き取りやすかったが、結構通信量を使うようだ。今はイーモバ時代の契約で月5GBまで使えるが、将来格安SIMを使うと心配かも。バッファが不十分なのか、電波状態が悪くなるとすぐに切れてしまうのが弱点。
  • Weblioの語彙力レベル測定テスト
    なんか不安で、前日急に思い立ってやってみた。なかなか良い点数が取れなくてますます不安になったが、このサイトで出てくる単語は特殊な奴が多くて、実際のTOEICの試験には役に立たないと思う。

AFNにしても2週間くらい前から泥縄的にやっただけで、今は通信量を気にして聞いていない。通勤用にラジオ買おうかなあ…。

実は結果がうれしくて、先日あった友人との忘年会でも思いっきり自慢してしまったのだが、参加者の一人から「ちっちっち、甘いな。TOEICよりもTOEIC SWだよ」とたしなめられてしまった。確かにそうだよなあ。受験料も倍かかるし、こっちのテストでは良い点数を取れる気がしないが、いつかはトライしてみよう。