20150502-01

次の日は8時少し前に出発。らくだのコブのようなピンネシリ山を見ると、実家に帰ったなあと思う。一度登ってみたいものだ。

20150502-02

高速を深川まで乗って、留萌の方に出る。深川から先は無料区間だけど、高速道路はまだ留萌の手前までしかできていない。遠くに見える山は、どこも雪が残っている。

留萌のあたりで聞こえるコミュニティー放送局は「エフエムもえる」。なんでこんな名前かと思ったら、留萌の「萌」の字ですな。音で覚えてるからなかなか気が付かなかった。

20150502-04

かつてのニシン御殿に鯉のぼりが泳いでいる。このあたりまでは来たことがあったが、この先は行ったことのない道。長年北海道に住んでいたのに宗谷岬に行ったことがないとは、と思って、今回親の顔を見るのを口実に来てみたのだ。

20150502-05

日本海の海沿いの道(オロロンライン)を北上。このあたりは風力発電の風車をよく見かける。これは「苫前温泉ふわっと」という、温泉もあってオートキャンプ場もある道の駅からの風景。

道の駅に着くたびに少しずつ休んでは進んでいたが、北海道は距離感が違って、予想よりも快調に進む。

20150502-07

どうしようか少し迷っていたが、一気に宗谷岬まで行った。

20150502-08

宗谷岬は風が強かった。条件が良ければサハリンが見えるのだろうか。

20150502-10

宗谷岬から再び日本海側まで出ると、今度は利尻山がうっすら見えた。天気がイマイチなのが惜しい。今度は利尻島や天売、焼尻島当たりに行くのも良いなあ。

20150502-13

この日の宿は、てしお温泉夕映え。窓から夕陽が見えたけど、このあとは雲に隠れてしまって海に沈むところは拝めず。

ここの温泉は褐色でアンモニア臭がする。温泉には、飯の前に一回、飯食ってうたた寝した後にもう一度入った。飯はいわゆる温泉旅館の飯。

この日の移動距離は約390km。眠気もひどくなく、結構走れるもんだなと思う。