老眼palm!

老眼だけど、ぢっと掌を見る。

スマートウォッチ(AMAZFIT bip)の購入

Xiaomi HuamiのAMAZFIT bipというスマートウォッチを買った。GearBestにて本体6,675円、ポイント割引、配送料、保険とか込みで7,498円也。配送はPriority Lineとかいう高いほうから2番目のやつを使ったが、1/28(日)に注文したのが、2/2(金)に佐川で配送された。

大人しく使えば電池が45日持つという話だし、心拍モニタや睡眠モニタが付いているというので、この値段なら外しても良いかと思ってポチってみた。

文字盤をアナログに変えてみた。予想より薄くて、自分の細い腕につけてもあんまり邪魔にならない感じ。心拍数の計測は、裏から緑の光が出て自動的に行われるが、毎分測定するようにして1日使ってみても電池が10%くらいしか減らなかった。測定間隔を30分とか長くしておけば、電池はもっと長持ちするだろう。睡眠モニタはどういう理屈かわからないけど、深い眠りの時間が短い(眠りが浅い)とか報告してきて、いきなり痛いところをついてきた。

充電すればとりあえず時計としては使えるんだろうとタカをくくっていたが、スマホと連携しないことには使えない。最初は戸惑ったが、公式アプリと連携させてやれば、メール到着とかのスマホのアプリの通知も日本語で出てくる。今のところまずまずな感じ。

娘にスマートウォッチ買ったぞ、と見せたら、「え、Apple watch!?」とか返されてしまったのが、最大の弱点で、「ごめん、中華なパチモンで…」とごにょごにょしなければならない。

中華なブツといえば、先日買ったスマホもそうだけど、SoundPEATSという安いイヤホンも買っていたのだった。Amazonで1,380円也。イヤホンはずっとフィリップスのSHE-9700(確か楽天で1,980円)を使ってて、その後、SONYのブルーツースなやつ(MDR-NWBT20N 5,990円)にしたのだけど、充電とかペアリングとか面倒くさいので、なんかないかと探していたのだった。フィリップスのもマアマアの音だと思ってたが、ちょっと高音が刺さる感じが気になっていた。こいつは、安いわりにそれなりの音だけど、自分の耳には合ってるように思う。(安いから?)

おまけ。先日の月食の時の赤い月の写真。寒い中、何枚も撮ったけど、一枚も気に入った写真が取れなかった。なんかガックリ。

スマホとか冷蔵庫の買い替え

スマホを買い替えた。今度はHuaweiのnova lite。IIJmioで19,800円也(税抜)。P10 liteと迷ったが、前回買い替えてからあんまり間がないし、ちょっとスペックはしょぼいが、必要十分だし少しでも安いほうがいいかな、と。

前のZTE Blade S (g03)は、電池がかなりヘタってきてて、正月明けの三連休に散歩しながらGoogle map見ていただけなのに、いきなり15%以下に減ってたことがあって、こりゃいかんと発作的にポチったのだった。後から考えると、その時は何かソフトが暴走していて電池を食っていたかもしれないのだけど、もともとメモリ管理に変な制限があって、空き領域がないからアップデートができないとしばしばエラーが出ていて、都度キャッシュを削除してごまかしていたこともあって、一年半ちょいしか使ってないが潮時だろう。

実際使い始めてみると、最初は変わり映えしないなあと思ったけど、指紋認証も速くて便利だし、微妙に使い勝手が良いので、ほぼ満足。新品だけあって電池の持ちは今のところ良くって、二日にいっぺん充電する感じ。裏面もガラスなので、落とすのが怖くなってポリカーボネートのケースを付けている。

ちなみにスマホの電池のヘタレに悩まされた散歩は、なぜか霞が関から新宿までの8km弱。国立競技場の建設現場を眺めながら東京体育館の横から千駄木駅に出ようとしたら、

春高バレーなんかをやっていて、おおこれが少女ファイトにも出てくるバボちゃんか、と。

都庁展望台から見た国立競技場の建築現場はこんな感じ。

ついでに今月は冷蔵庫も買い替えた。何もしてないのに、ピーピー変なエラー音を鳴らすようになってしまって、自動製氷器も壊れてるしってことで、ビックカメラに行ったら日立の470Lのが5台限定で安売りしていたので買った。税抜で128,000円也。それにリサイクル料等で、5,800円。

前のに比べて20Lしか違わないが、ドアが観音開きから片開きに変わったせいか、少し余裕があって良い。欠点は扉に磁石がつかないこと。いろいろベタベタ貼れなくなって、かえってすっきりしたけど。前のは9年弱使ったけど、今度のは何年使えますかね。

いわき湯本の伊勢屋旅館

今年の正月休みは、カミさんと帰省中の末の息子と両親を連れて、いわき湯本の伊勢屋旅館に一泊してきた。古いつくりで豪華ではないが、一泊二食付きで正月なのに一人10,000円(消費税、入湯税別)で刺身満腹コースというのが気になってここにしてみた。

夕食はこんな感じ。

お刺身は、マダイとコノシロ(コハダ)、

ピンぼけだけど、ドンコ(手前の肝ポン酢に盛り上がる)、

あとこれは何だったかな…てのの他にも、クロソイとカレイがあって、予想にたがわず非常に満足。

廊下の消火器の上のサインを見てわかる通り、古い旅館だが、ボイラーがないので、お湯の循環など全くやっていない正真正銘の源泉かけ流しだと主張してたりして面白い。もっとも女湯は狭かったようでカミさんには不評。

なので翌日チェックアウトして、近所の「さはこの湯」という公衆浴場に行ってみたが、ここもそんなに広いわけでもなくて、いまひとつだった。料金が230円也と超リーズナブルなので、朝からたくさん人が来ていて余計狭かったというのもある。

ということで、自分は刺身的にリピートしたい気分満々なのだけど、カミさんがね。

なお旅館の近くには温泉神社というのがあり、泊ったのが1月2日なので、ここが初詣になった。おみくじは末吉だが、内容が良くなかったのが残念。

記事検索
プロフィール

roganpalm

北海道出身、千葉県柏市在住。

仲間内では「おやぢ」と呼ばれています。そろそろ中年を通り越して老年に近づいてきました。

どこかにでかけて撮った写真を載せたり、たまにLinuxの話など。

アーカイブ