老眼palm!

老眼だけど、ぢっと掌を見る。

久しぶりの筑波山 御幸ヶ原コース

11月くらいから、気分がふさぐことが多くて、これは季節性うつ、いわゆるウィンターブルーなのか、とも思うのだが、それならば、陽の光を浴びて運動しないとならんだろうと、土曜日に久々に筑波山に行って気晴らししてきた。なぜか、少し身体をいじめるくらいにするのが良いと思い込んでしまい、普段は行かない御幸ヶ原コースを(3年ぶりに)上ることにして、シャトルバスを筑波山神社入口で降りて歩く。

さすがにこの季節は人も少なく、筑波山シャトルバスも空席があったくらい。神社も正月の用意を進めていて、謹賀新年の看板やら、

茅の輪が置いてあったりする。(こっちは12/31のお祓い用?いわれが良くわからない。)

筑波山神社を過ぎたところから、御幸ヶ原コースの始まり。ここら辺はまだ紅葉があったりするが、

上り始めてすぐに、(多分)ジャノヒゲ(蛇の髭)の青い実を見たのと、

フユイチゴ(冬苺)の赤い実を見ただけで、あとは草花の類は全く見るべきものがなく、ひたすら息を切らしながら登る。

コースの2/3くらい過ぎた、男女川(みなのがわ)の源流の湧き水付近の杉の大木のあたりまでくると、つらいのを通り越してちょっと楽しくなった気がしたのだけど、その辺が少し傾斜が緩くて下りもあったりしたので、楽に感じただけのようで、

そこを過ぎると丸太の階段がひたすら続いて、気持ちが折れそうになる。

何とか御幸ヶ原まで到着して、息を整えたら、男体山へ向かう元気は残っていた。

男体山まで来るのは久しぶりだけど、あいにくガスってて富士山は見えず。うっすら見えているのは方角的には秩父の山なのかな。(写真はがっちりいじってます。実際はもう少しうっすら。)

いつもの女体山って、こんな狭いところに登ってたんだな。

男体山からの下りは、来た道でなくて裏から下りたが、あてにしていたショートカットの道が通行止めになっていて、結局、崩落箇所のう回路に入って、自然研究路をぐるっと回ってしまう羽目に。この道は急なところもあって、ちょっと怖かったが、山の陰になっているので、水たまりが凍っていたり、雪が残っていたり、霜柱が見れたりした。いずれも今シーズン初。

想定外のコースをとってしまって、少し遅めの昼飯になったが、いつもの茶屋でいつものつくばうどん。ゆずが乗っかってておいしいんだけど、前にうまいと思ったのは、この茶屋じゃなかった気がする。

かなり疲れてしまったので、帰りは無理せずロープウェイ使って、筑波山京成ホテルで風呂入って帰ってきた。このコースを歩きとおせるくらいじゃないとダメだけど、もう少し頑張ればなんとかなりそうと思えたのが、この日の収穫。

手賀沼とかの紅葉の具合

この三連休は久しぶりに天気が良かったが、初日は親の顔を見に行って、二日目にちょっと手賀沼のあたりを散歩したくらい。三連休だし、どっか山でも、とか思わなくはなかったが、しばらく天気悪かったり風邪ひいたりして、ここ1か月くらい週末に出かけることがなかったので、大人しく近所を散歩。

今年は10月に寒い日が多かったせいで紅葉の進みが早いらしい。

手賀沼の周囲もこんな感じで色づいている。カメラのモニタだと実際より暗く見えるので、少し絞りを開けて撮影してみたりもしたが、あとから調整が効く範囲な感じ。

柏ふるさと公園から、

慈恵医大の方に向かって歩く。

落ち葉と

ススキと。

常磐線の線路わきにオシロイバナが咲いていたが、赤と白のまだらのヤツは初めて見た。

その後、根戸まで歩いて図書館で一休みして雑誌を眺めた。富勢中の前のイチョウはいろんな色。花野井のワークマンを冷かして、松葉町から松ヶ崎に出て帰ってきた。全部で10.7km。

今日は、MOVIX亀有で「ブレードランナー2049」を観てきた。2時間40分もある見応えのある映画で、実に満足した。昨日、Amazonビデオでファイナルカットを見て予習していったので、ストーリーが良く分かって良かった。FireTVで観るのも割と良い画質だけど、映画館だとスクリーンが大きいのはもちろん、やたらにでかい音で観れるのがいいかな。

新しいギア持って宝篋山に

体育の日の連休、初日は雨模様だったけど、中日は良い天気で、筑波山の隣の宝篋山に行ってきた。連休で晴れてるので、TXのつくば駅からでる筑波山シャトルは、ぎっしり満員で積み残しが出て臨時便を手配しているようだったが、宝篋山に行くつくバスの小田シャトルはガラガラで、自分一人の貸し切り状態。山頂も天気が良くて、筑波山よりこっちのほうが快適だったと思う。

この日は、スノーピークのシングルバーナー ギガパワーストーブ 地 GS-100ってヤツを初めて試してみた。とは言っても、お湯を沸かしてカップヌードル食べただけだけど。新型が出たらしくて、安くなっていたのでアマゾンでついポチってしまって、3,828円也。OD缶とかいうガスのカートリッジは、最初は純正が良いだろうと思って神保町をうろうろしたが、結局純正品は、さかいやスポーツにしか店頭在庫がなかった。110gのやつは、スノーピークのソロクッカーにバーナーと一緒にピッタリ入ってかさばらないのがうれしい。

リュックも新品で、karrimorのセクター 18。カミさんが知り合いにあげるつもりで買ったけど、気に入らなかったとかで回ってきたもの。リュックは、5月の連休に筑波山に行った帰りにモンベルのガレナパック20というのを買って使ってるんだけど、ウェストバッグがないシンプルなやつもいいかな、と思って使ってみた。

山頂のちょっと下あたりにツクバトリカブト(筑波鳥兜)が咲いていた。あれ、もう咲いてる?と思ったけど、カミさんに言わせると、筑波山ではもうとっくに咲いてたとか。

山頂はトンボが乱舞するほか、キアゲハがひらひらしていた。このチョウは、この草にご執心らしくて、行ったり来たりしていたのでなんとか写真が撮れた。キアゲハと普通のアゲハの見分け方は、こちらのページで。

この日は、上りが極楽寺コース、下りが小田城コース。3月に来た時と同じコースだけど、振り返ってみると、その時よりも上りも下りも10分程度速かったようだ。相当息も切れて、あちこち痛んだので、体力的にもうダメかと思っていたが、まだまだ捨てたもんじゃないのかも。

ちなみに今日は、散髪、玄米の精米、庭の草むしり、町内会のゴミ当番の仕事など。

記事検索
プロフィール

roganpalm

北海道出身、千葉県柏市在住。

仲間内では「おやぢ」と呼ばれています。そろそろ中年を通り越して老年に近づいてきました。

どこかにでかけて撮った写真を載せたり、たまにLinuxの話など。

アーカイブ