老眼palm!

老眼だけど、ぢっと掌を見る。

宝篋山に登って花とか虫とか木漏れ日とか

太って、またズボンが一つ履けなくなった。カミさんにも、最近腹がでっぷりしてきたといわれる始末。会社の帰りは上野駅まで歩いて、週末は山歩きをするしかない。もっとも梅雨になれば、雨降りなので歩かないし、梅雨が明けたら暑くて歩かない。要するに今だけ。

ということで、土曜日はローテーションにしたがって宝篋山に行ってきた。つくば発8:35のバスを使ったが、良いシーズンだけあってバスは混んでて座れなかった。同じバスの女性4人男性1人の年配のグループなどと一緒にバスを降りる。(このグループとは、往き帰りのコースが逆だったようで、帰りのバスも一緒だった。)なお、つくバスの運転手は、非常に愛想の良い気持ちのいい人だった。見た目は勇者ヨシヒコに出てくる仏役の人(佐藤二朗)にちょっと似てるかも。

今日の上りは、常願寺コース。最初はだらだらとゆるい道が続くので、テントウムシを撮ったり、

(多分)ヤマテリハノイバラ(山照葉野茨)を撮ったりして歩く。

これは、ヘビイチゴ(蛇苺)の花と実。

この蝶々は、ヒメウラナミジャノメってやつかな。

保護色。カミさんはこの手の昆虫が好きなので、この写真見せたら受けてた。

そのほか、トンボとかもいたけど、単焦点レンズ2本(24mmと50mm)では、急に出てくる被写体に対応しづらい。キットレンズのズームのほうが良かったかな、とも思ったが、明るいレンズはそれなりに楽しい。明るめのズームレンズを買おうかな、でも重くなるのは嫌だな、とか思いながら歩く。

そうこうしているうちに、常願寺コースの急坂になる。看板の字がちょっとかわいいが、坂はつらい。ゼイゼイ言いながら登っている途中で、この山は山頂に茶屋がないので、頂上でビールが待ってないことに気づき、ちょっと気持ちが萎える。しかし今日は、ソロクッカーとガスを持ってきたので、頂上でカップ麺が食えると思って頑張る。

なんとか中間地点の尖浅間山頂。25℃もある。

その後は、オカタツナミソウ(岡立浪草)やイワニガナ(岩苦菜)や、

ヤマツツジ(山躑躅)を眺めて宝篋山頂を目指す。

これはナルコユリ(鳴子百合)というらしい。ちょっと先を歩いていた二人連れのおば様が、写真撮りなさいとかいうので、へい、とか言って撮ってみた。

てことで何とか山頂へ。なんだかんだで2時間くらい。そそくさとお湯を沸かして、カップ麺を食ったが、この季節は暖かいものを食ってもあまりありがたくないのだった。カップ麺とコンビニで買ったサンドイッチ、おにぎりを食って、適当に写真を撮る。帰ってからgoogleフォトに写真を上げたら、勝手にパノラマ写真を作ってくれたので貼ってみる。

山頂で、ミヤコワスレ(都忘れ)とかウマノアシガタ(馬の脚形)とか、シロヤマツツジ(白山躑躅)とかニワゼキショウ(庭石菖)を眺めて下山。

暑い日だったが、下山の小田城コースは、木漏れ日の中を歩くコースで、なかなか気持ちが良かった。

石に葉の影が落ちていて、イイ感じ。

夕方、歯医者の定期検診を予約していたので、何とか間に合うように急いで下りて戻ってきた。それにしてもちょっと喉が痛い。風邪?

キットレンズ(18-55mm)で散歩

長かったGW後の一週間も、何とか無事勤めて週末を迎えたけど、天気がイマイチ。そういえば、一眼レフ(EOS KISS X7)のキットレンズ(18-55mmのズームレンズ)をちゃんと使ったことがなかったなと思って、そいつを付けて散歩してきた。

さすがに一眼レフだけあって、これくらい暗いレンズ(f=3.5~5.6)でも結構ボケてくれる。

やっぱりズームレンズは便利だな。

何も期待していなかったけど、けっこういろいろ花が咲いていて、柏ふるさと公園のあたりを写真を撮りながら歩いた。まあ、これくらいの写真なら、24mmパンケーキレンズと、50mm F1.8レンズでもいけるような気もするが。

しばらく単焦点の長めのレンズ(パンケーキは、換算約38mmだし)ばっかり使っていたので、こういう広角サイドの写真はイマイチ感覚がつかめない。

でも、いろんな画角の写真を撮るのもちょっと楽しい。もう少し望遠まである便利ズームが欲しくなってきた。

ということで、今日の散歩は7.4km。

筑波山を裏から登る

うちの会社は、もともと5月1日はメーデーで休みで、今年は3月18日を出勤日としたので、その代わりに5月2日も休み。ということで今年のGWは、めでたく9連休だけど特に何も計画はない。5月2日は、家族はみんな出勤で、取り残された自分はワンパターンだけど筑波山でも行ってくるか、と。

で、今回は「筑波山あるキップ」というのを使ってみたのだけど、流山おおたかの森からだと2,550円也。意外に安い。これでTXと筑波山シャトルに乗れて、バスの終点のつつじヶ丘まで行くと630円得になる。帰りに疲れて片道だけロープウェイに乗ったとしても、バラで買うより安い。前回もこれを買えばよかったのだが、調査不足だった。(それでも京王線を使えば、高尾山が一番安いのだけど。)

今回は、前にカミさんに連れてきてもらった裏から登るコースを行くことにした。つつじヶ丘の駐車場から、東筑波ハイキングコースに進む。

モミジイチゴ(紅葉苺)や

ニリンソウ(二輪草)や

ヤマブキ(山吹)や

ムラサキケマン(紫華鬘)などが見れたので、満足。

前回は、何も考えずにカミさんの後をついて歩いたのだけど、一人で来るとコースがわからず、他に誰も歩いてないから、本当にこの道でよいのか、だんだん不安になる。

昨日見たブログに、雨量計とか書いてあって、ああこれがそうか、じゃこの道で間違ってないのかな、と。

その後、分岐が2か所あって、最初の分岐では国民宿舎つくばねではなく真壁方面に進む。その次は、それらしい林道入口から登るとショートカットになるのだけど、ここだったかなあと悩みながら進む。土俵場という看板もあるから、たぶん間違ってないだろう。てことで、あとは登れば山頂に着くだろう、と草花を眺めながら歩く。エンレイソウ(延齢草)はいまいちシャキッとした感じのがなかった。

このコース、終盤はちょっと傾斜がきつくなるが、ビールビールと唱えながらなんとか上る。

この日は出足が遅くて、スタートが11:28で登り終わったのが13:48の2時間20分。時間も遅かったし、一刻も早くビールと思って、御幸ヶ原まで下りず、途中のセキレイ茶屋で食事。ここのつくばうどんは久しぶりだけど、季節のためか、タケノコも乗っかっててちょっとうれしい。

帰りはトイレに寄るついでに、ロープウェイ乗り場の下の展望台で見物。スカイツリーがぼんやり見えた(写真をクリックすると遠くにうっすら見えるはず。EF 50mmでトリミングなしでこんな感じ。)。

ちょっと悩んだけど、連休だから少しぐらい疲れても良いかと思って、ロープウェイには乗らず、おたつ石コースを下る。結構ひざに来たが、それよりも、ここしばらく調子の悪い右の二の腕が、今日はかなり痛い。もう60近いというのに五十肩をやってしまったようだ。連休中に大学の友人と恒例の高尾山に行く予定なので、きょうは一日大人しくしていた。力を入れないと大丈夫だから、歩く分には問題ないだろう。

記事検索
livedoor プロフィール
アーカイブ