老眼palm!

老眼だけど、ぢっと掌を見る。

中秋の名月は昨日だったようだが

なんだか雲の感じが良かったので、写真を撮ってみたが、なかなか見た目の感じにならない(悲)。今年は閏五月があったので、中秋の名月(旧暦の八月十五日)が10月になるんだとか。

月の方に合わせると雲はつぶれてしまうし。こんなときこそRAW現像なのかとも思うが、面倒でjpegだけ。

また高尾山から小仏城山

先週末、土曜日は天気がイマイチのようなので、映画「あさひなぐ」を観に行ったが、こちらも予想通りイマイチだった。脇役陣とか悪くはないのに、映画全体としてはダメダメで、非常に惜しい。

ということで日曜日は久しぶりに高尾山へ。ケーブルカーの駅に、天狗の顔が付いていた。

6号路は落石で閉鎖。必然的に稲荷山コースになる。今日はなるべく奥まで、できれば景信山あたりまで、とか考えていたが、歩き出してみたら、やたらと汗が出て息も荒い。こんなに体力が落ちているのか、とガックリして歩いていたら、足の親指まで痛み出してきた。前回と同じく、小仏城山までにしよう。

例によって高尾山頂は迂回。奥高尾に入ると、アザミがたくさん咲いていて、それに蝶が寄ってきている。これはコチャバネセセリかな。

こっちはミドリヒョウモンだろう。

今回も富士山は雲に隠れていて残念。

ようやく小仏城山に着いたら、ヒガンバナがきれいで、ホッとする。

茶屋でビール飲んでたら、猫が来たが、相手しなかったらプイといなくなって、ほかのテーブルでエサをたかってた。現金なヤツ。

茶屋のちょっと下に一本だけ紅葉してる木。

何でこいつだけ紅葉?

ツリフネソウ(釣船草)があちこちに咲いている。

この日は小仏峠から小仏バス停に出るコースをとった。小仏トンネル前の渋滞の名所が見える。木曽駒ケ岳に登ってきたときも、帰りはまんまとここで渋滞にはまったが、まだ時間的に早くてそうでもない感じ。なぜ渋滞するかさっぱりわからない変な場所。

シュウカイドウ(秋海棠)も咲いていた。

高尾山口を9:30にスタートして、小仏バス停に14:20に着いた。前回の記事を読み返したら「久々の稲荷山コースは思ったよりつらかった」とか書いてあるので、急に体力が衰えたわけでもなさそうだけど、ペースが少し落ちている。しばらくブログを書かないでいたが、8月の初めには筑波山に行って、9月の初めには手賀沼スタンプラリーで歩いてきた。どっちも暑くてしんどかったが、暑さだけでなくて体力が落ちているためのようだ。

子機付きドアホンに交換

土曜日、カミさんが出かけてる間にアマゾンの配達が来るかも、ということだったが、二階の寝室でごろごろしていると配達が来てもわからんし、面倒だなと思って、ドアホンを子機付きのものに交換した。実際には、荷物は午前中早々に来たのだけど、思い立ったときに動かないと面倒くさくなってやらないので、Webであたりを付けてビックカメラへ。PanasonicのVL-SWD302KL。税込24,516円也。

実は店頭の価格はこれより2,000円ちょい高かったので、ビックカメラの店内でスマホを使ってWeb取り置きサービスで注文して買ったという。なんだかな、な感じだけど、アマゾンだと2万円くらいで買えちゃうので、すぐ手に入るのは良いが少しでも安いに越したことはないかと。

子機はこんな感じ。これで二階に引きこもっていても配達が来たのがわかるだろう。モニターもあるから居留守もやりやすいかな(笑)。前回交換したのが、2008年の2月なので、9年半ってところか。以前使っていたアイホンの玄関子機とは、角の部分のRが若干違っていて、土台の部分の「露出ケース」(アイホンは「取付枠」)というのが流用できなかった。

こういうのはFacebookにちゃちゃっと書けばよいのだろうけど、ブログにまとめておけば、前の記事含めて後から探すのが楽ちんなので。

記事検索
プロフィール

roganpalm

北海道出身、千葉県柏市在住。

仲間内では「おやぢ」と呼ばれています。そろそろ中年を通り越して老年に近づいてきました。

どこかにでかけて撮った写真を載せたり、たまにLinuxの話など。

アーカイブ